Education Language study

教えるための資格

日本語教師に求められるものとは何か

日本語教師とは、日本語を外国人に教える教師のことをいいます。日本語教師になりたいといっても国家試験などの資格試験などはない状態なのです。 外国人に日本語を教えるためには、日本語の発音や表現の仕方、語彙などを教えていかなくてはなりません。日本語を言語として教えるのです。 日本人の子供に教える国語とは全く違う指導法になるのです。 日本人として外国人に日本の歴史や文化、政治経済なども一緒に伝え教えていくことが大切になります。 外国人が会話が出来るようになり、読めるようになることも需要なのですが日本という国がどんな国なのかを教えていくことも日本語教師の役目なのです。 日本語教師になるための資格試験はないのですが、日本語教育能力検定を受験して自分の日本語を教える能力がどのくらいなのかを知ることは大切です。 また、日本語教育能力検定で合格することができれば日本語教師の求人に有利となるでしょう。

日本語教育能力検定を受けよう

日本在住の外国人や、海外にいて日本語を教えるためには日本語教師になるためのの能力をつけていくことが大切です。 日本語教師には資格などはないのですが、日本語教育能力検定を受験して合格することで就職の幅が広がる可能性があります。 この日本語教育能力検定を受けるためには、日本語養成講座を420時間受講して履修する必要があります。この講座を受講すれば日本語教師に求められる技能を習得することができるのです。 試験は、毎年一回10月に行われます。検定を受けるためには、日本語養成講座を受講する必要があり、専門学校や通信講座を受講することになりなす。 これからグローバル化が進む中でたくさんの外国人が日本にやってきます。また、海外で日本に興味をもつ外国人もたくさんいる中で、日本語教師の需要は多くなるといえるのです。